2024年04月01日

自分の人生を取り戻すには〇〇。

パワースポット.jpg




本日の書籍
八木龍平(2023)『あなたにかけられた「呪い」のとき方』大和書房
運気が整いラクになる! あなたにかけられた「呪い」のとき方 - 八木龍平
運気が整いラクになる! あなたにかけられた「呪い」のとき方 - 八木龍平

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

本日の処方箋
自分の人生を取り戻すには……
多様性を認め、「知らんがな」で自分の心身を操作する。

なぜ?
・「普通」などないから。
・人生に「完璧」などないから。
・自分の心身は意識的に操作する必要があるから。

どうやって?
・人からの期待に応えない。
・自発的にやりたいことをする時間を増やす。
・人の喜びや楽しみに耳を傾ける。

+α
「呪いのとき方」というタイトルですが、まず「呪いを認める」必要性が示されています。「あると認めたら無くなる」そして「無くすことができる」という視点に納得しました。世の中には普通も完璧もありません。いろんな考え方があると認めたうえで、「自分」の方を操作すれば、もう少し楽に生きていけるのかもしれません。本文中で紹介されている、「人生は近くで見ると悲劇だが、遠くで見ると喜劇だ。」というチャップリンのことばが核心をついていると思います。






人を幸せにするためインプットする。
つながりを求めてアウトプットする。
“Want”ではなく“How”を考える。
posted by 月 at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月30日

本当に幸せな生き方とは〇〇。

※新年度準備のため、今月は過去記事を再掲しています。
ギフト.jpg




本日の書籍
石井裕之(2022)『大切なキミに贈る本』祥伝社
大切なキミに贈る本 「幸せ」ってなんだろう?(祥伝社黄金文庫Gい16-3) - 石井 裕之
大切なキミに贈る本 「幸せ」ってなんだろう?(祥伝社黄金文庫Gい16-3) - 石井 裕之

本日の処方箋
本当に幸せな生き方とは……
世間の幸せに惑わされず心豊かに今を真剣に生きる。

なぜ?
・人は幸せになるために生まれてきたわけではないから。
・身体と同じく心にも栄養を与えてあげるべきだから。
・「今」を真剣に精一杯生きるべきだから。

どうやって?
・プラスを知るためにマイナスを知る。
・「与える」ことで満たされる。
・「今」を大切に生きる。

+α
本書にある、「正しさを知るために心悪しき存在が必要」ということばを「プラスを知るためにマイナスを知る」と言い換えてみました。寒さがあるから、暖かさを知ることができる。貧しさがあるから、豊かさを理解することができる。病があるから、健康というものの意味が理解できる。マイナスの出来事も必要な存在なのだと納得することができました。また、ちょうど人間関係に悩んでいるところだったので、「人が変わったのではなく、自分が変えてしまった」「好きな人も嫌いな人も100年後にはいない」ということばが心に響きました。





人を幸せにするためインプットする。
つながりを求めてアウトプットする。
“Want”ではなく“How”を考える。
posted by 月 at 20:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月29日

人間関係の改善に必要なポイントは〇〇。

※新年度準備のため、今月は過去記事を再掲しています。
箱.jpg




本日の書籍
アービンジャー・インスティチュート/(訳)冨永星(2006)
『自分の小さな「箱」から脱出する方法』大和書房
自分の小さな「箱」から脱出する方法~人間関係のパターンを変えれば、うまくいく! - アービンジャー・インスティチュート, 冨永星, 金森重樹
自分の小さな「箱」から脱出する方法~人間関係のパターンを変えれば、うまくいく! - アービンジャー・インスティチュート, 冨永星, 金森重樹

本日の処方箋
人間関係の改善に必要なポイントは……
自分の正当化を疑い、感情に従い他者に貢献する。

なぜ?
・自分は自分のことしか考えていないから。
・相手のためにしたいことを考えるべきだから。
・自分の感情に背くことで問題が生まれるから。

どうやって?
・顔と名前を覚える努力をする。
・自分を裏切らない。
・他者への抵抗をやめる。

+α
最初に本書と出会ったとき「これはとても参考になる!」と感じました。ところが、いざ実践しようと意識してみると、どうも「箱」というものの存在がしっくりこず、道に迷ってしまいました……。とにかく箱の中にいるときには「相手を変えようとすること」も「相手と全力で張り合うこと」も、そして「その状況から離れること」も「自分の行動を変えようとすること」もできない、と。「自分の感情の赴くままに」ということでいいのでしょうか。再読してみます。「完璧であろうと思うな。よりよくなろうと思え」ということばに救われました……。





人を幸せにするためインプットする。
つながりを求めてアウトプットする。
“Want”ではなく“How”を考える。
posted by 月 at 20:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする