2024年04月09日

働く意味は〇〇。

万里の長城.jpg




本日の書籍
喜多川泰(2007)『「手紙屋」』ディスカヴァー・トゥエンティワン
手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙~ - 喜多川泰
手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙~ - 喜多川泰

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

本日の処方箋
働く意味は……
人生の目標を持ち、壁を数多く越える生き方をする(ため)。

なぜ?
・人と法人は多くの人から長期間必要とされ続ける必要があるから。
・人生には他者貢献のビジョンが必要だから
・壁が高いほどその壁の向こうにいる応援団は多いから。

どうやって?
・今、目の前にあるものに全力を注ぐ。
・必要条件ではなく十分条件を考える。
・「才能<情熱」であると考え、動き続ける。

+α
・欲しいものを手に入れる方法は「物々交換」
→天秤をイメージする。手に入れたいものを片方に載せ、「もう一方に何を載せれば釣り合うか」を考え、実行する。
・相手を味方にするにはまず「称号」を与える。
→相手は全ての性格を持っている。であれば、先に称号を与え、相手の望ましい性格を引き出してしまう。優しい人、時間を守る人、などなど。
・リーダーとは「同僚の不足分を補う働きができる人」であり、「それを自分の手柄だと主張しない人」のことをいう。
・成功者にとっては思い通りにいくことは「当然」。夢を実現できない人にとっては思い通りにいくことは「ラッキー」。






人を幸せにするためインプットする。
つながりを求めてアウトプットする。
“Want”ではなく“How”を考える。
posted by 月 at 06:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月08日

勉強する意味は〇〇。

勉強.jpg




本日の書籍
喜多川泰(2008)『「手紙屋」蛍雪篇』ディスカヴァー・トゥエンティワン
「手紙屋」蛍雪篇 私の受験勉強を変えた十通の手紙 - 喜多川泰
「手紙屋」蛍雪篇 私の受験勉強を変えた十通の手紙 - 喜多川泰

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

本日の処方箋
勉強する意味は……
英知の継承による他者貢献で自分も幸せになる。

なぜ?
・世の中のほとんどのものに意味はないから。
・意味を自分でつくりまずひとつ完成させるべきだから。
・幸せとは人のために生きることだから。

どうやって?
・人に興味を持つ。
・昨日とは違う自分になる。
・方法を知ったら即行動する。

+α
子どもだけではなく、大人にとっても「目的」が大切です。人生において、目的を持って臨まないと何も手に入りません。子どもたちには勉強について、目的が「大学入試」になってしまうと、「大学合格」という事実しか手に入らないということを伝えたいと思います。目的を設定したら、アフォメーション(自己宣言)。「今日の努力が、将来出会う多くの人の人生を変える。」「絶対に〇〇をやり遂げる。何が何でも誰が何と言おうと、私は自分の持つ強い意志を発揮して〇〇をやり遂げる!」私も実践します。






人を幸せにするためインプットする。
つながりを求めてアウトプットする。
“Want”ではなく“How”を考える。
posted by 月 at 19:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月06日

伝わるコミュニケーション術とは〇〇。

説明.jpg




本日の書籍
浅田すぐる(2023)『「伝える前」が9割』KADOKAWA
「伝える前」が9割 言いたいことが最短で伝わる!「紙1枚」下書き術 - 浅田 すぐる
「伝える前」が9割 言いたいことが最短で伝わる!「紙1枚」下書き術 - 浅田 すぐる

本・書籍ランキング
本・書籍ランキング

本日の処方箋
伝わるコミュニケーション術とは……
信頼を得て、自信を持って断言できる準備をする。

なぜ?
・信頼は「能力」と「人格」でつくれるから。
・相手は断言から自信を感じ取ってくれるから。
・伝える前の準備が9割だから。

どうやって?
・過去・現在・未来のすべてをカバーして伝える。
・伝えたいことは何度でも伝える。
・動詞ではなく動作レベルで伝える。

+α
浅田さんの書籍には人を動かす力があります。実際私自身、読書を様々な行動に繋げることができています。浅田さんが一貫して発信されているメッセージの中で、特にマネジメントの分野で影響を受けていることは「人に説明できるレベルで理解する」ということです。情報収集に関するレイヤーが一段上がりました。そして、「私たちには態度を選ぶ自由がある」ということも。できるだけ毎日を機嫌よく過ごそうと心掛けています。






人を幸せにするためインプットする。
つながりを求めてアウトプットする。
“Want”ではなく“How”を考える。
posted by 月 at 08:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする